不動産鑑定士とは

『鑑定』という言葉から、『運命鑑定』『お宝鑑定』などと誤解されることもありますが、不動産鑑定士とは、不動産の周辺環境や将来性といったさまざまな条件を基に、適正な価格を判断する専門家です。

また、不動産の価格判断だけでなく、適正な不動産利用法についても専門的な知識を持ち、提案することが可能です。
土地や建物が持っている個性は非常に強いため、適正な価格を算出するのは困難です。しかしそんな不動産に関連する『価値』を『価格』で判定し、適正な評価とコンサルティングができるのが不動産鑑定士なのです。

新聞発表されている地価公示(これも地下の工事と勘違いされることがありますが、違います)や相続税路線価等の公的な仕事しかしていないと思われていることもありますが、これもそうではありません。マンションや賃料等の評価も行っています。

法律によって不動産鑑定士のみに許されている『不動産の鑑定評価』業務と、価格の求め方や根拠資料が厳格に決められていない『査定』との違いは、『※不動産鑑定評価基準等』に基づくことが要求される点にあります。

※公平性や公正性、適正性を保持し、精度の高い評価手法の適用や説明責任が求められる。

こんなときに活⽤してください

  • 所有している不動産を売買・交換したいとき
  • 建物(マンション)の建て替えにあたって権利調整のための資産評価が必要なとき
  • 相続などの必要性から不動産の適正価格が知りたいとき
  • CRE(企業不動産)を最大限活用する方法を知りたいとき
  • 企業の合併を行いたいとき
  • 不動産の利用方法や運用方法についてコンサルティングが必要なときetc……

不動産鑑定士が行う不動産鑑定評価とは?

不動産鑑定評価で判定されるのは、「価格」もしくは「賃料」です。それらを求めるために不動産鑑定士が行う不動産鑑定評価方法は「原価方式」「取引事例比較方式」「収益還元方式」の3種類があります。それぞれの評価方法についてご紹介します。

 

原価方式

詳細
不動産の再調達原価を基にして評価額を決定する方式。
価格
対象となる不動産の再調達価格から減価修正を行い価格を算出します。
賃料
対象となる不動産の基礎価格に必要経費などを加味し、賃料を算出します。

取引事例比較方式

詳細
以前に行われた取引事例を参考にして価格を決定する方式。
価格
近隣もしくは類似した地域で行われた過去の取引事例を参考に価格を算出します。
賃料
多くの事例の中から適切だと思われるものを集め、その内容に基づいて賃料を算出します。

収益還元方式

詳細
対象となる不動産物件が生み出すと予測される収益から価格を決定する方式。
価格
対象となる不動産物件が将来生み出すと予測される収益から価格を算出します。
賃料
対象となる不動産物件が将来生み出すと予測される収益から賃料を算出します。
© 2016 株式会社 鑑定ソリュート宮崎. All Rights Reserved.

Please publish modules in offcanvas position.